越谷の山本歯科TOP >セラミックについて >CAM(キャム)

CAM(キャム)

セルコン ブレイン  CAM(キャム)はComputer Aided Manufacturingの頭文字で、意味は「コンピューター支援によるマテリアルの削合」です。マテリアルは原材料を意味し、ここではセルコンベースという物です。ですから「コンピューター支援によるセルコンベースの削合」と山本歯科医院ではなります。
 主役は左上の写真の機械、セルコンブレインです。baseおそらく、今の山本歯科医院で最大最重量の機械です。そして削り出すセルコンベースは左の物です。大きさは4種類、色は2種類あります。白いのがホワイト、ピンク色をカラードと呼んでいますが、ピンク色も焼成すると白くなります。全体の流れをおさらいすると、セルコンアイで読み取り、セルコンアートで設計し、そしてこのセルコンブレインでジルコニアのフレームを削り出します。

上下方向からしか削れない

cam1  セルコンベースをセルコンブレインにセットした状態が左の写真です。真ん中にある部分が、セルコンベースを支え、微細な動きをしてジルコニアフレームを削り出していきます。しかし、セルコンベースは表裏にしかならないので、上下方向からしか削り出しが出来ません。その為、「3D設計」のページで書いたような手間を掛けます。

実際のCAM

cam2  実際のセルコンベースを削り出した直後の写真です。実によく似た写真で分かりにくいです。①の写真は被せ物の上の方から削った写真で、②その逆で下から削った写真です。
 ③、④、⑤の写真はセルコンベースから 取り外した写真です。③は舌側(舌がある方向)から見た写真、④は下から見た写真、⑤が頬側(頬のある方)から見た写真です。
 この時のジルコニアフレームは非常にもろいです。おそらく20−30センチメートルから落としたら、おそらく砕け散ると思います。しかし、これを焼成すると本来の硬さに変化します。
 セルコンベースには色が2色あります。カラードとホワイトです。左の写真のジルコニアフレームはカラードです。この2色の使い分けは専門用語で言うと、 VITAのシェードでA1,A2はホワイト、それ以上はカラードで作ります。おおざっぱな言い方で良ければ、本当に白っぽい歯はホワイト、 それ以外はカラードで作ります。
 削り出す時間は1本あたり10−12分位で削り出します。それにこの状態のジルコニアフレームは一回り大きい状態です。理由は焼成すると大きさが収縮するからです。収縮率は製品と同封のUSBメモリーに入っていて、収縮するのを計算された大きさで削り出されます。

TOPpage

病院紹介

治療内容

施設案内

治療費

セラミックについて

セラミックの治療費(価格)

セラミック、e-maxの価格

ジルコニアセラミックが出来るまで

支台歯形成(歯の形成)

印象採得(歯の型どり)

模型作製

トリイミング

CAD(キャド)

3D設計

CAM(キャム)

焼成

セレックが出来るまで

セレックについて

光学印象採得

設計、デザイン

切削

クリスタライゼーション

シェード

ステイニング

z冠について

z冠の特徴

ダイレクトクラウンについて

ダイレクトクラウンの特徴

ダイレクトクラウンが出来上がるまで

ダイレクトクラウンの利点、欠点

歯周病について

矯正(歯並び)

医療費控除

メインテナンス

Q&A

トピックス

アクセス

診療時間と休診日

メール


山本歯科医院
診療時間
平日: 9:00-19:30
土曜: 9:00-17:00
日曜: 8:00-12:00
休診日:木曜、祝日 
TEL048-979-2246
http://ydoffice.info.