越谷の山本歯科TOP >セラミックについて >切削

ミリングマシーン

cerec1  設計が終わると今度は削り出す段階です。CAD/CAM技術で言うとCAMの段階です。削り出す機械はミリングマシーンと呼んでいて、左写真の左側にある機械です。
 左右の機械は有線でつながっていて設計の情報を送ると削り始めてくれます。種類にもよりますが10分から15分程度で削り出してくれます。削り出すのをブロックと呼んでいますが、ブロックの種類は色々あります。違いはまず素材です、ブロックの硬さなどの特徴が色々あります。そして色です。人それぞれ歯の色は違うように、それに合わせるよう色々な色のブロックがあります。

ブロック

 山本歯科医院で主に使っているブロックはイボクラビバデント社のエンプレス(EMPRESS)とe-maxです。二つの一番の違いは強度です。分かりやすく言うと、かむ力に対してe-maxはエンプレスの2倍ぐらい強いです。
 エンプレスは前歯部1,2番とか小臼歯部(前から数えて1,2,3番目までが前歯で、4,5番目が小臼歯です。)に向いています。そしてe-maxは大臼歯や犬歯(大臼歯は前から数えて6,7番目、いわゆる奥歯です。犬歯は前から数えて3番目の歯です)に向いています。ただこれはおおよその分け方と思ってください。
empress01 e-max01.  上の左の写真はエンプレスのブロックの写真です。他にも種類はありますが、大きさや色の違いが多少分かっていただけると思います。右の写真はe-maxのブロックの写真です。e-maxのブロックはエンプレスのブロックとは最初の色が全く違います。e-maxは実際は非常に硬いのですが、硬すぎるのでブロックの段階では半焼性の状態で少し柔らかいです。この状態でブロックを削り出し、後ほどハーネスという焼成炉で焼くと歯と同じ色合いになります。

ミリングマシーン

cerc102.jpg  左の写真は削り出しているところの写真です。2本のバーがブロックを削り出しているところです。2本のバーはそれぞれ単独に上下前後に微妙に動いて削ってくれます。そして真ん中のブロックを支えている部分は回ることで角度を変えています。
 下の2枚の写真はブロックの削る前と削り出した後の写真です。被せ物を見事に削り出しているのがおわかり頂けると思います。

cerec119.jpg cerec120.jpg

TOPpage

病院紹介

治療内容

施設案内

治療費

セラミックについて

セラミックの治療費(価格)

セラミック、e-maxの価格

ジルコニアセラミックが出来るまで

支台歯形成(歯の形成)

印象採得(歯の型どり)

模型作製

トリイミング

CAD(キャド)

3D設計

CAM(キャム)

焼成

セレックが出来るまで

セレックについて

光学印象採得

設計、デザイン

切削

クリスタライゼーション

シェード

ステイニング

z冠について

z冠の特徴

ダイレクトクラウンについて

ダイレクトクラウンの特徴

ダイレクトクラウンが出来上がるまで

ダイレクトクラウンの利点、欠点

歯周病について

矯正(歯並び)

医療費控除

メインテナンス

Q&A

トピックス

アクセス

診療時間と休診日

メール


山本歯科医院
診療時間
平日: 9:00-19:30
土曜: 9:00-17:00
日曜: 8:00-12:00
休診日:木曜、祝日 
TEL048-979-2246
http://ydoffice.info.