越谷の山本歯科TOP >セラミックについて >3D設計

セルコンアートで3D設計

art1  模型の読み込みについては「CAD」のページで詳しく説明しましたが、セルコンアートの作業も正式にはCADの一部です。今度は左の模型の矢印の歯を使って、セルコンアートについての説明したいと思います。ここでの話は山本歯科医院のこだわりについてお話しする事になります。




eye2  単冠(1つの歯の被せ物)でジルコニアフレームを作る際は、左の支台歯(被せ物をする歯)のみセルコンアイで読み込ませるだけでジルコニアフレームは作ることが出来ます。1本のみで、1回で済みますから簡単です。
 ここで終わらないのが山本歯科医院のこだわりです。さらに、隣在歯2本分、チェックバイトの1回分、合計3回分新たに読み込ませます。写真では下の写真3枚分です。


art3 art4 art5

支台歯のみ読み込ませた場合

art14 art6  左の写真は歯の情報を読み込ませた後、まず歯の情報としてマージンを設定します。マージンとは歯を削ったとき、歯と被せ物の境目のことです。写真は小さいですが、これをテレビ画面上で見ると、小さなくぼみ等も分かってしまいます。この画面でマージンの位置の修正を行います。
 今度は右の写真ですが、マージンを設定するとこの画面に来ます。ここではジルコニアフレームを修正することが出来ます。主に全体の形、言い換えるならフレームの厚みをここで調整します。しかし厚みを換えるにしても、目安になる物がありません。当然1本しか読み込ませていませんので、支台歯のみの情報しか出てきません。

情報を追加すると

art17  今度は隣在歯の情報とチェックバイトを読み込ませてみました。先ほどの状態と比べ情報が増えています。 この状態ですと、両隣の歯との関係やかみ合う歯の状態が分かります。それを参考にしてジルコニアフレームを設計していきます。
 下の図は同じ歯を設計しました。ここで、誤解されるといけないのですが、上の図はコンピューターが設計してくれた物です。この設計自体に特に問題はなく、このまま作製しても美しいオールセラミックが出来上がります。しかし、私はかむ力、咬合圧と私たちは呼びますが、なかなかどうして凄い力です。この咬合圧に上の設計では私は心配です。その為、私は下のような設計をするようになりました。

art9

art13  いきなりですが、左の写真は実際出来あがったジルコニアフレームです。調整も済ませてあります。コンピューター上で設計した物と見比べられるように、此所に出しました。設計した物と何処が違うのか分かりますか。
 削りだし(CAM)については別ページで説明しますが、削り出しは上方向と下方向からしか削り出しが出来ません。その為、設計の段階ではやや見た感じ太めに設計します。上下方向から見てくぼんでいる所は eart15 再現が出来ないからです。実際くぼませたい所は設計では平らかあるいはそれ以上盛る事になります。そしてその部分はジルコニアフレームを作ってから、削り出すことになります。


 それでは山本歯科医院が何にこだわっているのかご説明します。左下の写真で赤丸の所を作りたいのです。そしてこの突起の様な部分が大切な部分です。目的はかむ力に対抗するためです。 art16 人のかむ力はかなり強いです。この力の怖さは日々仕事をしていて感じております。
 セラミックは近年驚くべき精度と 強度を併せ持つように進化しました。でもごくごくまれですが、壊れてしまうことが正直あります。だいたい左写真の赤丸の所です。色々原因はあると思いますが、私はこのコンタクトの部分(歯と歯の間の部分)がかむ力に対して(垂直方向に)耐える部分が少ないのが原因と考えています。 art18
 それを防止するために私なりに考えたのが、 赤丸部分の突起です。この突起はコンタクトの部分だけでなく、左の写真のように歯を半周りしています。これはこの歯が上の歯で赤矢印の所はかむ力がかかるからこういう形に付与しています。ジルコニアセラミックは十二分にかむ力には耐えられます。そしてこの部分がかむ力を最終的に受けるところになります。そしてせっかく作った白くてきれいな歯をかむ力から守ってくれます。
 上の図のノブは正式名リムーバブルノブと言います。ジルコニアフレームで作製したセラミックは仮着(仮に付けて一度使ってみる事)が可能です。これはセラミックの進歩の中でも画期的なことです。お口の中に入れた時もし色合いが違ったりした場合、ジルコニアセラミックの場合は修正が可能です。一度使ってみてもらって、問題がなかったら、このノブを使って外します。しかし、お口の中で仮に付けているとき、このノブが気になるのは欠点です。このノブも意図的に設計付与しています。

TOPpage

病院紹介

治療内容

施設案内

治療費

セラミックについて

セラミックの治療費(価格)

セラミック、e-maxの価格

ジルコニアセラミックが出来るまで

支台歯形成(歯の形成)

印象採得(歯の型どり)

模型作製

トリイミング

CAD(キャド)

3D設計

CAM(キャム)

焼成

セレックが出来るまで

セレックについて

光学印象採得

設計、デザイン

切削

クリスタライゼーション

シェード

ステイニング

z冠について

z冠の特徴

ダイレクトクラウンについて

ダイレクトクラウンの特徴

ダイレクトクラウンが出来上がるまで

ダイレクトクラウンの利点、欠点

歯周病について

矯正(歯並び)

医療費控除

メインテナンス

Q&A

トピックス

アクセス

診療時間と休診日

メール


山本歯科医院
診療時間
平日: 9:00-19:30
土曜: 9:00-17:00
日曜: 8:00-12:00
休診日:木曜、祝日 
TEL048-979-2246
http://ydoffice.info.