越谷の山本歯科TOP>矯正、歯並び、噛み合わせ >反対咬合(受け口、受口)2

反対咬合の治療方法、ムーシルドによる治療。

 反対咬合の治療法は治療を開始する時期により大きく異なってきます。反対咬合1で顎の成長についてお話しましたが、上顎の顎の成長は10−12歳でだいたい90%位成長します。これは個人差がだいぶあるのでおおまかな目安と思って下さい。そこから矯正の治療期間を考えるとその2年以上前の8歳以下の年齢でしたら、ムーシールドによる矯正治療が効果的です。実際のムーシールドとは下の写真のような矯正装置です。
muushirudo
 治療方法はいたって簡単で、このムーシールドを口の中に入れておくだけです。1日中入れていられたらそれこそ理想ですが、お子さんが学校から帰ってきてから次の日の朝まで頑張ってもらいます。正直入れているだけで良くなるのと疑問を感じる方もいるのではないでしょうか。
 ムーシールドの効果はムーシールドの原理を説明すると分かりやすいと思います。ムーシールドは矯正治療において機能矯正装置というものに分類されます。ムーシールドは舌の筋肉としての機能(力)を、上顎を前方に押す力に変えて上顎が本来成長したい方向にその力を向けて、上顎の骨が成長しようとする機能を助け、上顎を前方に成長させます。しかもムーシールドを入れている間は下顎と接する事がないので、下顎の邪魔を受けなくて済みます。

ムーシルド効果

 患者様がホームページに載せても良いとご了解いただけたので、実際の写真を交えてムーシルドの効果について説明してみたいとおもいます。下の写真は実際にムーシルドを使用している状態です。この時は反対咬合はかなり改善されてからの写真です。ムーシルドの下側の部分に舌が収まっているのが分かるでしょうか。
muushirudo
muushirudo
 ムーシールドは舌を前方に動かそうとしても、ムーシルドの形から舌は上方に自然と行くことになります。図で説明するなら、前方に動かそうとする力である、①の方向へ動かそうとしても、ムーシルドの形から②の方向に変えられてしまいます。
 ②の方向には上顎が有り、舌は知らないうちに上顎を前方方向に押すことになります。すると上顎骨は③方向に成長しやすくなります。
 上顎が前方に成長するのを妨げる力が実はあります、それは唇の力です。以外と思われる方もいるかもしれませんが、唇の力は結構影響力が有ります。その力を排除する仕組みもムーシルドには組み込まれています。上顎の前の部分の壁が実はその役目をしています。ムーシルドが入れているだけで効果が上がる理由は、唇の力を遮り、舌の力を利用して上顎の成長を助長するからです。
muushirudo  左図を見ていただくとわかると思いますが、ムーシールドを入れている間は下顎と接する事がないので、下顎の邪魔を受けなくて済みます。これにより、上顎は下顎に邪魔されること無く、本来の方向に成長していきます。
 正面から見るとムーシルドの前面が唇を遮っているのもお分かりいただけると思います。

ムーシールドのさらなる効果

 ムーシールドの効果としてもう1つ期待できることがあります。舌癖のある人には舌を上に上げる訓練になることです。舌癖については「舌癖について」に詳しく書きましたのでそこをお読み下さい。舌癖は舌が低い位置にあり、下の顎の過成長を招くことがよくあります。そういう人にムーシールドを入れると、舌を強制的に上げる為、反対咬合の治療と舌の訓練を同時に行うことが出来ます。
 さらにムーシルドで舌の訓練をすることは、舌癖の方にとっては正しい嚥下方法を自然に身につける事を意味します。

TOPpage

病院紹介

治療内容

施設案内

治療費

セラミックについて

歯周病について

矯正(歯並び)

(1) 全顎矯正治療

(2)一次矯正治療


舌癖について

嚥下について

歯を抜かない矯正

反対咬合1

反対咬合2

反対咬合3

叢生(そうせい)

叢生と舌の関係

噛むことの大切さ1

噛むことの大切さ2

咀嚼力(そしゃくりょく)

医療費控除

     

メインテナンス

Q&A

トピックス

アクセス

診療時間と休診日

メール


山本歯科医院
診療時間
平日: 9:00-19:30
土曜: 9:00-17:00
日曜: 8:00-12:00
休診日:木曜、祝日 
TEL048-979-2246
http://ydoffice.info.